お知らせ

7月の連休を利用してキャンプに行ってきました。

場所は南富良野町にある「かなやま湖オートキャンプ場」です。

DSC_0757_R DSC_0756_R

札幌から高速道路を利用し、おおよそ2時間半ほどで着きます。

場内は綺麗に区画整備され、快適に過ごせました。

 

中央にある管理棟には、シャワー室やランドリールーム、売店などもあり

私のような素人キャンパーにはうってつけです。

(私は犬を飼ってはいませんが、ドッグランも整備されています)

 

湖の近くはフリーサイトになっており、テントは500張、駐車場は800台収容可能な

大規模キャンプ場です。

DSC_0783_R DSC_0761_R

予約は不要で、先着順で好きな場所にテントを張れます。

フリーサイトの方が湖に近いので、湖畔で遊びたい方はフリーサイトのほうが良いかと思います。

 

湖は水量は連日の暑さのせいか、少し低いように見えました。

DSC_0768_R DSC_0774_R

湖では釣りやカヌーなどで遊ぶことができ、水上バイクに乗っている人もいました。

 

キャンプではクワガタを捕まえたり、ジンギスカンを食べたり、

夜には花火をしたり。(花火は専用のスペースがあります。)

 

空知川で初めてラフティングにもチャレンジしました。

富良野近辺はラフティングの聖地です。

054_R 034_R

あいにくの雨模様でしたが、ラフティングは雨は影響しないスポーツなので、

とにかく最高に楽しかったです!

ラフティングは皆様も是非一度体験してみて下さい。ハマりますよ!

 

DSC_0751_R DSC_0743_R

かなやま湖オートキャンプ場は環境も良く、周辺には遊び場ポイントも沢山あります。

皆さんもこの夏一度行ってみてはいかがでしょうか?楽しいですよ!

 

最後に、なぜか凄い数の虫刺されが出来たのは、今となっては良い思い出です・・・。

 

いよいよ夏本番です。

当社も連日の猛暑の中、土木・舗装工事に頑張っております。

皆様方も熱中症などにはくれぐれもお気をつけ下さい。

当社の資材センターには、ムクドリが毎年巣を作っています・・・。

と、思いきや!

実はムクドリではなく「セキレイ」であることが今更ながら

分かりました。

ブログをご覧の皆様にお詫び申し上げます・・・。

ヒナドリ1_R

セキレイの雛は四羽生まれていました。

四羽とも元気に成長してきています。

警戒して、声も出さずにじっと耐えています・・・。

ヒナドリ2_R

親鳥が警戒して上空を旋回しています。

ごめんね。ちょっかい出すつもりはないから、

元気に育って下さい。

 

 

これから暑い日が始まります。

食中毒や熱中症などには十分お気をつけ下さい。

当社も土木・舗装工事頑張ります!

 

 

当社の資材センターには、ムクドリが毎年巣を作っています。

今年は、例年より少ない卵3ヶを産んでくれましたが、

まずは2ヶ無事雛がかえりました。

image1_R image2_R

 下の白いものは、半分に割れた卵の殻です。

 

あと1羽無事産まれてほしいです。

資材を複雑に置いたので、良いガードになりカラスを寄せ付けませんが

ノラ猫やキツネが心配です...。

無事巣立つまで見守ります。

 

6月も半ばを過ぎ、さわやかな北海道らしい陽気が続いています。

しかしこんな時でも起こるのが「熱中症」。

皆様もこまめな水分補給と適度な休憩をお忘れなく。

 

暑くなっても、当社は土木・舗装工事頑張ります!

当社の資材センターには、ムクドリが毎年巣を作っています。

しかし、毎年巣を作っていた昭和時代の車両が廃車になり、 

今年はもう来ないだろうと諦めていました。

 

ところが、

 image1_R

下水道資材の隙間に巣を発見。 

すでに卵が産まれておりました。 

あとは、雛がかえり巣立つまで、安全管理します。

今年も無事に雛が孵ることを祈って。

 

6月に入り、初夏の陽気になってきました。

当社も太陽に負けず、土木・舗装工事頑張ります!

また、当社は個人宅のアスファルト舗装価格見積も行っております。

お気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

 

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は道東の町、紋別市が誇るガリンコ号Ⅱに乗船してきました。

DSC_0728_R

風が強く肌寒い日でしたが、天気は快晴で絶好の乗船日和。

DSC_0725_R

港の外を出て30分程かけて一周します。

本来は流氷が来る2月頃がベストシーズンなのですが、

夏でも十分楽しいです。(料金もオフシーズンのためお得です。)

DSC_0721_R

ガリンコ号Ⅱといえば、砕氷ドリル。

写真は見づらいかもしれませんが、今日も元気に回転していました。

20170518084025-1_R

カモメも乗客の近くまで飛んできて、エサをねだります。

DSC_0724_R

オホーツクタワーの傍を通って港に戻ります。

オホーツクタワーは海上38.5mの3階、海底7.5mの地下1階で構成されており、

地下は海中が観察できる窓があり、海洋生物の展示なども行われています。

3階は展望室になっており、360度パノラマでオホーツク海を望むことが出来ます。

写真は有りませんが、個人的にはオホーツクタワーまでの通路、

「クリオネプロムナード」の雰囲気が好きです。

「クリオネプロムナード」は515mあり、紋別港第3防波堤が本来の役割です。

夜間のライトアップなどもあり、紋別市に寄ったら一度は行ってみてほしい場所です。

DSC_0726_R

他の観光客の方もたくさん乗船しており、先ほども書きましたが、

夏でも十分楽しめます。

紋別市へ観光の際には是非一度乗ってみて下さい。

楽しいですよ!

 

 

おまけ

 

20170518083959_R

オホーツクとっかりセンターで保護されているアザラシです。

DSC_0731_R

道東地方の人達はアメリカンドック(地元ではフレンチドックと呼ぶ)に

砂糖を掛けて食します。

これが本当においしい!一度お試しあれ。

DSC_0734_R

紋別市は意外と桜が多い町です。

地元の人しか知らない名所が結構あります。

その中の1箇所です。

 

 

ゴールデンウィークも過ぎ、いよいよ工事も本格的に動き出しました。

春になると 人の往来も増え、交通量も増加しています。

当社も安全面には十分気をつけて、土木・舗装工事頑張ります!

 

 

 

 

PAGETOP