• TOP > 
  • お知らせ

お知らせ

当社が協力しております、札幌市の「さぽーとほっと基金」。

札幌市が市民や企業から の寄付を札幌市が募り、町内会・ボランティア団体・NPOなどが行う

まちづくり活動に助成する ことで、札幌のまちづくり活動を支える制度のことです。

 

当社も同制度の趣旨に賛同し、微力ながら毎年ご支援させていただいております。

 

この度、札幌市より感謝状をいただくことができました。

サポートほっと基金表彰状_R-2

毎年ながら当社の小さな支援が、少しでも多くのコミュニティーの力になればと考え続けてきました。

今後も出来る限り継続できればと考えております。

 

当事業の支援先をご紹介いたします。

「子育て支援ワーカーズ ぐるんぱ」さん。

・札幌市地域子育て支援拠点事業として「ぱおぱおひろば」を毎週 月・火・水・木・土曜日に保育事業を行っています。

・親子向けの講座やイベントを行っています。

・文庫本(絵本など)を蔵書して図書室活動。

とんとんP1_R とんとんP2_R とんとんP3_R とんとんP4_R

 

NPO子ども達による「花いっぱいの健康なまちづくり」さん。

一輪挿しを通して子どもや高齢者の方との地域交流を促進し、一輪の花の美しさを家族や友達などと鑑賞し愛でることで

会話や交流を図ることを目的にしています。

この活動は地域の民生児童委員、単町の町内会長、藤野地区青少年育成委員、その他にこの活動を理解する方々で実施しております。

藤野花いっぱいの健康な町作り_R

 

 

「アマチュアバンドコミュニティさっぽろ(ABC-SAPPORO)」さん。

・まちを元気にするコンサート(地域の高齢者の方々の集まりを中心に演奏会を行う)

・みんなで楽しむコンサート(児童会館などを中心に演奏会活動を行う)

の2つの事業を通して、「音楽をまちのチカラに!」をコンセプトに活動されている団体です。

ABC sapporo_R

 

この制度を活用していただき、少しでも明るい札幌を実現できるようサポートできればと考えております。

 

 

北海道も夏本番となり、暑い日が続きます。昨年同様の猛暑も予想されています。

皆様方におかれましても、体調管理には十分お気をつけ下さい。

当社も舗装・土木工事頑張って参ります。

 

当社が協力しております、札幌市の「さぽーとほっと基金」。

その支援団体である「あかはな子ども食堂」(NPO法人あかはなスマイルキッズ)から、

活動のご報告を頂きました。

20240524162207_R 20240524162236_R

当ブログでも何度かご紹介しております。

主な事業は、

・子ども食堂の運営

・フリースペース事業

・学習支援事業

・夜の居場所作り事業(シェルター事業)

となっております。

子供たちが安心して過ごすことが出来る・いつでも来られる居場所作りを目的に、

今年でなんと8年目を迎えております。

 

弊社の小さな支援が、少しでも地域の皆様のお役に立てれば幸いです。

 

これから本格的に工事が始まる季節となりました。

弊社も安全最優先で土木・舗装工事進めて参ります。

 

 

当社が協力しております、札幌市の「さぽーとほっと基金」。

その支援団体である「あかはな子ども食堂」(NPO法人あかはなスマイルキッズ)さんが

7周年を迎えました。

その「あかはな子ども食堂」さんから、活動のご報告を頂きました。

20240208100820-0001_R

昨年の12月に、あかはな子ども食堂7周年のお祝いとクリスマス会を兼ねて

クリスマス会&生誕祭が開催されました。

参加された子ども達みんなでクリスマスケーキを作ったりと、大盛り上がりの

1日になったようです。

 

弊社の少しの支援が子ども達に届いてくれたなら凄く喜ばしい事です。

今年は札幌雪祭りも通常通りに開催され、大いに賑わっています。

普通が戻り、子ども達にきちんと普通を届けられる支援できれば幸いです。

 

寒さ本番。新型コロナウィルスにインフルエンザとまだまだ油断できません。

皆様も基本的な感染対策を十分行い、寒さ厳しい冬の期間を乗り越えて行きましょう!

 

弊社も今は除雪、これから土木・舗装工事と頑張って行きたいと思います!

当社が協力しております、札幌市の「さぽーとほっと基金」。

その支援団体である「あかはな子ども食堂」(NPO法人あかはなスマイルキッズ)から、

活動のご報告を頂きました。

20230508191119-0001_R20230508191141-0001_R

主な活動は、

・あかはな子ども食堂

札幌市西区の西町会館で毎月第2金曜日(17:00-20:30)開催。

食事代:子ども200円 保護者300円 大人500円

おいしい食事と、思い思いの遊びの場を提供しています。

 

・子ども食堂ゆるり

札幌市西区八軒にある一軒家(札幌市西区八軒2条西1丁目2-6)を

利用して毎月第4金曜日(15:00-20:00 食事提供は17:00から)に開催。

アットホームな環境で遊んだり食事をとることができます。

 

・フリースペース事業

「ゆるりの家」(住所は同上:札幌市西区八軒2条西1丁目2-6)にて、多世代交流の機会と

普段交流の少ない子ども達同士の接点の場となっています。

 

・学習支援事業

体験教室(農業体験、ガンプラ作成体験!、除雪車試乗体験会など)を行っています。

 

・シャルター事業

行政の手が届きにくい環境にいる子供たちを支援できるよう、児童相談所をはじめとする、

行政機関との連携をとりながら、「今晩、居場所を必要としている子ども達」の

居場所作りを行っていきます。複数名のスタッフでチームを組み、緊急的な利用にも

対応できるような受け入れ体制を構築します。

 

子ども達が安心してすごすことができる居場所続けるにはもっと多くの支援が必要なようです。

しかしながら、弊社の支援が、少しでも子ども達に届いてくれたなら凄く嬉しいです。

これからも子ども達に少しでもきちんとした日常が来るように支援できれば幸いです。

 

新型コロナウィルスもまだまだ油断できませんが、少しずつ日常が戻ってきています。

弊社も基本的な感染対策を十分行いながら、土木・舗装工事と頑張って行きたいと思います!

 

当社が協力しております、札幌市の「さぽーとほっと基金」。

その支援団体である「アマチュアバンドコミュニティさっぽろ(ABC-SAPPORO)」さんから

活動報告を頂きました。

 

アマチュアバンドコミュニティさっぽろ(ABC-SAPPORO)さんは、

・まちを元気にするコンサート(地域の高齢者の方々の集まりを中心に演奏会を行う)

・みんなで楽しむコンサート(児童会館などを中心に演奏会活動を行う)

の2つの事業を通して、「音楽をまちのチカラに!」をコンセプトに活動されている団体です。

20230220174755739_0001

※昨年(令和4年)の「まちを元気にするコンサート」の様子

 

20230220174808602_0001

※昨年(令和4年)の「みんなで楽しむコンサート」の様子

 

コロナ渦で活動が減少していたミュージシャンの方々にも

演奏する機会を与えることが出来たようです。

音楽は何気ないものでも、時に大きな力を与えてくれます。

音楽に救われたと思う方も沢山いらっしゃると思います。

弊社も微力ながら、札幌のまちづくりに寄与出来る様、

これからも活動してまいります。

 

まだまだ寒い日が続きます。

皆様方におかれましても、お身体には十分気をつけて

いただければと存じます。

 

弊社も除雪作業に土木工事に舗装工事と頑張ってまいります。

PAGETOP